潜在能力を活性化

自己暗示トレーニング

MENU

自己暗示トレーニング

自己暗示のトレーニングをして、潜在能力を活性化させる場合には、すぐには効果は表れませんし、暗示にもすぐにかかるものでもありません。実際には、2か月ほどかけて毎日トレーニングをすることで、ようやく暗示の効果が出てくるといわれています。まず1週目は、腕が重たい、脚が重たいといった重みの暗示をかけて、かかるようになるか感じましょう。

 

2週目に入ったら次は温かいと暗示をかけて、実際に腕や足が温かくなるか感じてみてください。3週目に入って、自己暗示のトレーニングでは、呼吸が楽になったと暗示をかけて、本当に呼吸が楽になることを感じます。こういったように順番に毎週1週間ごとに少しずつ暗示の内容を変えていきます。

 

そして自己暗示の7週目に着たら、自分で自分に掛けたいと思っている暗示をかけてみてください。自己暗示ができるようになれば、日々の生活の中で、心の中に余裕も生まれてきますし、時間に追われることなく、安定した精神状態で、リラックスしながら毎日を楽しく過ごすことにつながります。焦りやイライラ、ストレスなどを感じるシーンでは、自己暗示を自分で自分にかけるようにしてください。そうすれば、自然に落ち着いてきて、リラックスできると思います。

 

自己暗示のトレーニングは、潜在意識を上手にコントロールすることで、毎日の生活をいい方向へ導いてくれるというものです。潜在意識に、暗示を与えることができ、かかるようになれば、今までネガティブだった考え方が、ちょっとずつポジティブになり積極的な自分に変わるでしょう。

自己暗示の活用

自己暗示ができるようになっても、活用しなければ意味がありません。

 

自己暗示を日々の生活の中で活用させる方法について紹介して行きたいと思います。まず自己暗示をかけるときには、催眠状態の時にかけるのが、一番効果が上がるといわれています。催眠誘導を行ってから、潜在意識に自己暗示をかければ、暗示がかかりやすくなるというわけです。では自分で行う催眠誘導の方法を紹介します。

 

催眠誘導をするためには、リラックスしなければいけません。

 

薄暗い落ち着ける灯りの部屋で、ベッドに横になったり、ロッキングチェアなどに座ってリラックスしてください。

 

自己暗示をかけるときには、普段意識していない無意識の脳の部分に働きかけることが大切ですが、催眠のトレーニングを始めてから、自己暗示がかけられるようになるまでには、多分何週間もトレーニングしなければいけないと思います。
リラックスをしようと思っても、頭で考えて出来るものではありません。腕がゆるくなって、心も体も本当に心底リラックスできるようになるためにはかなり時間がかかります。リラックスさせるために手足に暗示をかけてもなかなか最初はかからないと思いますが、慣れれば大丈夫ですから、そのことを思いながらトレーニングを続けましょう。

 

 

自己暗示を活用する際に、一番大切なことは心底リラックスすることで、焦りやストレスを感じているようでは、絶対に失敗してしまいます。マイペースに、トレーニングを続けていくことで、自己暗示を活用できるようになります。